やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

プログラミング

GitHubアカウントDBを修正した

前回のDBを修正した。

GitHubアカウントDBを作成した

GitHubアカウントDBを作成した。

ラズパイのCPU温度をFusionTablesに記録する

ついにできた。

SQLite3でGoogleアカウント管理DBを作成した

Google OAuth2.0関係のキーを一元管理すべくDBを作成した。

PythonでFusionTablesにInsertする

前回のつづき。

C#で日時文字列を出力するコンソールアプリを作った

C#で日時文字列を標準出力するコンソールアプリを作った。

コンソールだけでPythonを書いて実行する

Pythonの開発をコンソールだけでやってみた。

Pythonでクラスを作ってみた

Pythonでクラスを作ってみた。

Pythonで関数を作ってみた

Pythonで関数を作ってみた。

Pythonのモジュールとパッケージを作ってみた

Pythonのモジュールとパッケージを作ってみた。

Pythonインタプリタの対話モードを実行してみた

とにかくPythonに触ろうと思い、実行してみた。

PythonでOAuth2.0とFusionTablesAPIによるinsertができた

ついに成功した。前回のエラーはURLパラメータで引数を渡すことで解決した。(POSTなのに)

サンプルコードにv2のAPIを叩くコードを追記した

PythonにおけるOAuthとFusionTablesAPIのサンプルコードを改修。ParseErrorを取り除けたが、新たなエラー発生。

コピペミスを直すもParse Error発生

前回の修正をして実行したが、Parse Errorになった。

ローカルサーバを立ち上げてOAuth2.0認証に挑むも失敗

ローカルサーバを立ち上げてサンプルコードを実行したが失敗した。

OAuthとFusionTablesAPIのPythonサンプルコードを試すも失敗

サンプルコードが見つかったので試してみた。が、失敗した。

GoogleApiClientライブラリにAPIKeyを渡すもエラー

Google API Client LibraryでAPIKeyを渡して実行したがLogin Requiredエラーになった。

GASのdoGet関数をPythonで叩く

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。

GASのdoGet関数でFusionTablesAPIを叩く

GASのdoGet(e){...}関数でFusionTablesAPIを実行した。

GASを実行する(HTTP GET)

GASを実行する(HTTP GET) Google Apps Script のコードをHTTPのGETリクエストで実行する。

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた。

GoogleAppsScriptでHelloWorldしてみた

Google Apps Scriptでコードを書いて実行する方法を確認した。

Fusion Tables APIに触ってみた

Google Fusion Tables APIについて調べてみた。select文の発行はできたが、insert文は失敗した。

GitHubリポジトリ一覧ページの基礎ができた

JavaScriptでGitHubAPIを叩き、HTMLで表示した。リポジトリ一覧ページの基礎ができた。

Pythonでjson→Markdown変換する

前回取得したjsonをtsvに変換した。Pythonで簡単にできた。

Pythonでjson→tsv変換する

前回取得したjsonをtsvに変換した。Pythonで簡単にできた。

GitHubリポジトリ一覧取得(Python版)

PythonでGitHubリポジトリ一覧を取得してみた。

PythonでHTTP通信する方法について調べてみた

BatchをやめてPythonでGitHubAPIを使った自動化ツールを作りたい。そこで、PythonでHTTP通信する方法について調べてみた。

SenseHATを使ってみた

ラズパイにとりつけたセンサー、SenseHATをざっと使ってみた。

サブディレクトリに配置してコンパイルするMakefileを書いた

サブディレクトリに配置してもコンパイルできる方法を確認した。

Makefileで暗黙ルールと変数をもちいて記述を簡略化した

Makefileを簡略化する記述について確認した。

Makefileで複数のソースコードをコンパイルする

Makefileで複数のソースコードをコンパイルする MinGWのmakeにて複数のソースコードをコンパイルする方法について確認してみた。

Makefileで単一のソースコードをコンパイルする

MinGWのmakeにてコンパイルする方法を確認してみた。

MinGWでHelloWorld(ライブラリ編)

MinGWでライブラリを作成し利用してみた。

MinGWでHelloWorld(Gtkmm3版)

g++でGTKmm3のHelloWorldをコンパイルした。

MinGWでHelloWorld(GTK+3版)

前回のソースコード。 MinGWでGTK+3を使ったHelloWorldが成功した記念すべきコード。

MinGWでHelloWorld(C++WindowApplication版)

gccでなくg++でWindowApplicationをつくった。

MinGWでHelloWorld(C++ConsoleApplication版)

gccでなくg++でConsoleApplicationをつくった。

MinGWでHelloWorld(WindowsApplication版)

MinGWのgccでHelloWorldなWindowsApplicationをつくった。

MinGWでHelloWorld(ConsoleApplication版)

MinGWのgccでHelloWorldなConsoleApplicationをつくった。

GTKmmでUTF8ファイル書込する(Gio::DataOutputStream)

前回の改善版。GTKmmに含まれるgiommを利用してファイル書き込みした。

GTKmmでUTF8ファイル書込する(FILE構造体)

前回の改善版。GTKmmではfstreamが使えなかった。そこでFILE構造体をもちいてファイルを書き込んでみた。

GTKmmでfstreamを使うと実行時エラーになってしまう

前回のつづき。Gtk::EntryでEnterキー押下したときファイル書込したかった。 しかし、表題の件で失敗した。

GtkmmのEntryでテキスト入力する

Gtk::EntryクラスはTextboxのようなUI(ウィジェット、コントロール)らしい。試してみた。

Pixbufでスプライトアニメーション

Gdk::Pixbufクラスでスプライトアニメーションしてみた。

Glibのsignal_timeout関数で文字列アニメーション

Glib::signal_timeout関数で文字列の座標を変えてアニメーションさせてみた。

FontOptionsでアンチエイリアス

FontOptionsでアンチエイリアス Cairo::FontOptionsでアンチエイリアスをかけてみた。

Pixbufで画像ファイルを表示する

Gdk::Pixbufを使って画像ファイルを描画しました。

Pangommで改行と回り込み表示してみた

Pangommで改行と回り込み表示してみた 改行コードによる改行と、ウインドウ幅での自動改行ができた。

GTK+で使えるフォント名を一覧してみた

前回、フォント名に日本語が使えないことがわかった。 そこで、GTK+で使えるフォント名を表示することにした。