読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

ワークフロー

ついにrbenvでRubyインストールできた

前回なんてなかった。

rbenvでRuby2.4.0をインストールしたがrbenvごとアンインストールされてしまった

前回のつづき。最悪の悲劇が起こった。

gitからruby-buildをインストールし直す

前回のつづき。

ruby-buildの更新ができなかった

あと少し!と思ったら振り出しに戻ったでござる。

rbenvでRuby2.4.0をインストールできなかった

前回のつづき。

ruby-buildをインストールする

前回のつづき。rbenv最後の準備。

rbenvに必要なディレクトリを用意した

前回のつづき。

突然はてなブログが英語になった

原因不明なので調べてみた。

LinuxMintにRuby2.xをインストールするためにrbenvをインストールした

前回のつづき。表題からしてまどろっこしいことになってきた。

zlibをインストールする

前回のつづき。

libxml2-devel、libxslt-develというパッケージが見つからない

前回のつづき。

Linuxインストール済みパッケージ一覧

前回のつづき。

ERROR: Failed to build gem native extension.

前回のつづき。はてなAPI用gemがインストールできないエラーについて調べた。

キャッシュを削除してgemを復旧する

じつは前回、環境構築中に事故があった。

はてなAPIに必要なキーを取得する

認証するために。

はてなブログAPIの仕様について調べる

大変そう。

はてなブログAPIで予約投稿したい

はてなブログAPIで予約投稿したい。

JavaScriptのローカル実行とPlayground実行の違い

前回までのまとめ。

JavaScriptの外部ライブラリをURL参照するときはCDNでバージョン指定すべし

前回のつづき。バグの原因になりうる。

JavaScriptをPlaygroundで実行するときはタグやコードを一部省略した形で実装する必要がある

前回のつづき。ローカルと違う点のひとつ。

JavaScriptをローカルで実行するときにはwindow.onloadが必要

忘れると正常に動作しない。

こんなテーブル作れたらいいな

d3.jsの基礎学習方針としてテーブル作成に注目した。

Gravatarの「アカウントがなくても始められます」という嘘

文句シリーズ。すべて私個人の主観である。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが憂鬱(JSONP編)

前回のつづき。

HTMLでアニメーションする方法を調べてみた

前回のつづき。

プログラミング言語アイコンを探してみた

前回のつづき。

GitHubリポジトリ一覧ページ作成の方針について考えた

前回のつづき。

GitHubリポジトリ操作のインタフェースを考えてみた

前回のつづき。実行時の操作方法。

GitHubリポジトリ操作のユースケースを考えてみた

前回のつづき。新規作成、commit、pushをひとつのコマンドにまとめたときのフロー。

GitHubリポジトリ作成で行う操作まとめ

自動化の実装をする前にまとめてみた。

BlueStacksをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Windroyをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Noxをインストールできなかった

WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

オブジェクト指向について調べてみた

オブジェクト指向について簡単に調べてみたが、難しすぎて理解できなかった。

GitHubAPIのリクエスト部分を実装する方法について考える

前回からの続き。

Pythonではpartialなclassを定義できない?

前回の続き。C#のpartialclassをPythonでできないか調べた。できないっぽい。

GitHubAPI認証の実装について考える2

前回の続き。これまでの実装について見てみる。

GitHubAPI認証の実装について考える1

1セキュリティやGitHubAPIに詳しくないので間違っているかもしれない。

GitHubリポジトリ情報にTimezoneが付与されていなかった問題

TimeZoneをAsia/Tokyoに指定しているにも関わらず。

リポジトリDBを作成する

GitHubリモートリポジトリ用のデータベースを作成する。気にしたことを書きなぐる。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査3

OTPについて調べたがWinAuthの代わりは見つけられず。じつは前回までのライブラリ調査コードは、今回の検討をしたからGoogleサーバから時刻を取得したのだった。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査2

前々回のつづき。GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

ORマッパーライブラリの調査

PythonでSQLite3が使えるO/Rマッパライブラリを調査した。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査1

GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

GitHubアカウントDBの正規化について考える

リレーショナルDBにおけるGitHubアカウント情報の正規化について考えたログ。

GitHubAPIツールを改良したい

これまで作ったGitHubAPIツールを改良したい。

Zorinをインストールしてみた

前回にひきつづき、LinuxのディストリビューションであるZorinをインストールしてみた。

LinuxMintをインストールしてみた

LinuxMintをインストールしてみた。

RefreshTokenからAccessTokenを取得する

前々回コードのPython3版コード。

GoogleのRefreshTokenを取得するコード(python3版)

前回コードのpython3版コード。