読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

GitHubリポジトリ操作のインタフェースを考えてみた

前回のつづき。実行時の操作方法。

GitHubリポジトリ操作のユースケースを考えてみた

前回のつづき。新規作成、commit、pushをひとつのコマンドにまとめたときのフロー。

GitHubリポジトリ作成で行う操作まとめ

自動化の実装をする前にまとめてみた。

BlueStacksをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Windroyをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Noxをインストールできなかった

WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

オブジェクト指向について調べてみた

オブジェクト指向について簡単に調べてみたが、難しすぎて理解できなかった。

GitHubAPIのリクエスト部分を実装する方法について考える

前回からの続き。

Pythonではpartialなclassを定義できない?

前回の続き。C#のpartialclassをPythonでできないか調べた。できないっぽい。

GitHubAPI認証の実装について考える2

前回の続き。これまでの実装について見てみる。

GitHubAPI認証の実装について考える1

1セキュリティやGitHubAPIに詳しくないので間違っているかもしれない。

GitHubリポジトリ情報にTimezoneが付与されていなかった問題

TimeZoneをAsia/Tokyoに指定しているにも関わらず。

リポジトリDBを作成する

GitHubリモートリポジトリ用のデータベースを作成する。気にしたことを書きなぐる。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査3

OTPについて調べたがWinAuthの代わりは見つけられず。じつは前回までのライブラリ調査コードは、今回の検討をしたからGoogleサーバから時刻を取得したのだった。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査2

前々回のつづき。GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

ORマッパーライブラリの調査

PythonでSQLite3が使えるO/Rマッパライブラリを調査した。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査1

GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

GitHubアカウントDBの正規化について考える

リレーショナルDBにおけるGitHubアカウント情報の正規化について考えたログ。

GitHubAPIツールを改良したい

これまで作ったGitHubAPIツールを改良したい。

Zorinをインストールしてみた

前回にひきつづき、LinuxのディストリビューションであるZorinをインストールしてみた。

LinuxMintをインストールしてみた

LinuxMintをインストールしてみた。

RefreshTokenからAccessTokenを取得する

前々回コードのPython3版コード。

GoogleのRefreshTokenを取得するコード(python3版)

前回コードのpython3版コード。

Google APIのRefreshTokenを取得する

Google APIで使用するRefreshTokenを取得する

現在日時文字列を取得する方法

現在日時文字列を取得する方法について調べてみた。

秀丸ファイラで一発ファイル作成(shスクリプト版)

Linuxコマンドを使って日付ファイルを作成する。

WindowsとLinuxのパス区切記号が違うせいでインライン・コマンドにできなかった

前回のつづき。

秀丸ファイラで一発ファイル作成(shインラインできなかった)

Linuxコマンドを使って日付ファイルを作成したかったができなかった。

秀丸ファイラで一発ファイル作成(PowerShellスクリプト版)

PowerShellの勉強。前回のインラインコードをスクリプトファイルにしてみた。

秀丸ファイラで一発ファイル作成(PowerShellインライン版)

ファイル作成(命名)が面倒なので一発で作成したい。

秀丸ファイラのスクリプト呼出では起動引数を渡せない

結論から言えば、スクリプト呼出機能でなく、ブックマーク機能を使って解決する。

秀丸ファイラでスクリプトを実行する

秀丸ファイラでスクリプトを実行してみた。

Pythonを書くVim環境[WindowsXP]

PythonをVimで書きたい。WindowsXPで環境を用意してみた。

コンソールだけでPythonを書いて実行する

Pythonの開発をコンソールだけでやってみた。

Pythonのインデントについて調べてみた

Pythonのインデントについて調べてみた。

GoogleのPython規約を調べてみた

GoogleのPython規約を調べてみた。

Pythonのコーディング規約を調べてみた

Pythonのコーディング規約を調べてみた。

RefreshTokenがあれば自動化できる?

OAuth2.0で取得できるRefreshTokenがあれば、初回以降は手入力を省けるかもしれない。

OAuthとAPIを使うときに必要となるキーたち

前回の補足。

PythonでOAuth2.0とFusionTablesAPIを実行する手順まとめ

表題の件について再現可能なように情報をまとめておく。

Unauthorizedエラーの原因はClientSecretのコピペミスが原因だった

タイトルが前回の敗因…。まぬけすぎる。それに気づくまでに、いらぬ回り道をしてしまったのが今回。

ローカルサーバを立ち上げてOAuth2.0認証に挑むも失敗

ローカルサーバを立ち上げてサンプルコードを実行したが失敗した。

OAuthとFusionTablesAPIのPythonサンプルコードを試すも失敗

サンプルコードが見つかったので試してみた。が、失敗した。

GoogleApiClientライブラリにAPIKeyを渡すもエラー

Google API Client LibraryでAPIKeyを渡して実行したがLogin Requiredエラーになった。

Google API Client Libraryをインストールした

Google API Client Libraryをインストールした。

OAuth2.0認証する方法ついて調べてみた

OAuth2.0認証する方法について調べてみた。

GASのdoGet関数をPythonで叩く

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。

GASのdoGet関数でFusionTablesAPIを叩く

GASのdoGet(e){...}関数でFusionTablesAPIを実行した。

GASを実行する(HTTP GET)

GASを実行する(HTTP GET) Google Apps Script のコードをHTTPのGETリクエストで実行する。

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた。