読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

OAuth2.0認証する方法ついて調べてみた

OAuth2.0認証する方法について調べてみた。

GASのdoGet関数をPythonで叩く

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した。

GASのdoGet関数でFusionTablesAPIを叩く

GASのdoGet(e){...}関数でFusionTablesAPIを実行した。

GASを実行する(HTTP GET)

GASを実行する(HTTP GET) Google Apps Script のコードをHTTPのGETリクエストで実行する。

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた

GASでFusionTablesAPIを叩いてみた。

GoogleAppsScriptでHelloWorldしてみた

Google Apps Scriptでコードを書いて実行する方法を確認した。

Fusion Tables APIに触ってみた

Google Fusion Tables APIについて調べてみた。select文の発行はできたが、insert文は失敗した。

Googleの認証キーを取得する

GoogleのWebAPIを利用するために必要な認証キーを取得してみた。

FusionTablesでテーブルを作成する

CPU温度を保存するテーブルを作成する。

GoogleDriveにアプリケーションを追加する

Fusion Tablesを利用する前の準備をする。

データの共有方法について考えてみた

ラズパイとPC間でデータ共有する方法について考えてみた。

USB3.0ポートの増設について調べてみた

USB3.0ならSATAの代替ができそう。でもPCにUSB3.0ポートがない。調べてみるとデスクトップPCなら増設できるかもしれないことがわかった。

デバイスの転送速度について調べてみた

前回ラズパイのSSD化を考えたとき、デバイスの転送速度を調べたので書き残す。

ラズパイのSSDブート化について考えてみる

ラズパイにSSDを外付けしてSDカードの延命を図りたい。

GitHubリポジトリ一覧ページの基礎ができた

JavaScriptでGitHubAPIを叩き、HTMLで表示した。リポジトリ一覧ページの基礎ができた。

GitHubリポジトリ一覧(仮)

GitHubリポジトリ一覧(仮)

ラズベリーPIのエミュレータを使ってみた

ラズベリーPIを知って興味を持った。そこで、まずはエミュレータを使ってみることにした。

秀丸ファイラからConEmuを呼び出す

秀丸ファイラの現在パスをカレントディレクトリにしてConEmuを呼び出す。

コンソール環境を改善する(nyagos)

環境を改善してみる第五弾。コンソール編3。

コンソール環境を改善する(ConEmu)

環境を改善してみる第四弾。コンソール編2。

コンソールを変えてみた(mintty)

環境を改善してみる第四弾。コンソール編。

Firefoxの表示を黒ベースにした(ユーザ・スタイルシート)

環境を改善してみる第三弾。

Windowsで文字をきれいに表示してみる(ClearType)

環境を改善してみる第二弾。フォントをClearTypeで表示する。

WindowsXPのテーマを編集してみる

WindowsXPのテーマを編集してみる 環境を改善してみる第一弾。まずは見た目から。

スクリプト言語を乗り換えるべきか

Batchファイルで頑張ってきたが、Pythonに乗り換えるべきかもしれない。

GitHubのAccessToken一覧を取得するバッチをつくった

GitHubのAccessToken一覧を取得するバッチをつくった AccessToken一覧を取得するAPIを叩いてみた。セキュリティのためか、メタデータしか取得できないようだ。

リポジトリ作成バッチ(漏洩防止版)

以前、自らAccessTokenをGitHubに公開してしまった。対策を考えたが、今回はとりあえず簡単な対処だけした。

自ら漏洩しないためにどうするか

前回、自らAccessTokenをGitHubに公開するという大失態を犯した。 次からは同じ失敗をくりかえさぬよう、対策を考える。

GitHubが自爆を阻止してくれた?AccessToken自動削除

2016/10/21時点、間違ってGitHubのAccessTokenを含めたファイルをGitHubにアップロードしてしまった。このとき、そのAccessTokenが自動で削除されるようだ。GitHubが取り計らってくれたのかもしれない。

GitHub認証方式の使い分けについて考えてみた

前回、二要素認証(Two-factor)をやってみた。それぞれの認証方式に特性があり、使い分ける必要がありそうだと感じた。 今回は利用ケースごとにどの認証方式を使うべきか考えてみた。

GitHubAPIを叩くときAccessTokenを使えばOTPは不要である

二要素認証(Two-Factor)を設定したアカウントでもAccessTokenだけでAPIを叩けた。 WebAPIを叩くときはどの認証を使えばいいか。

二要素認証でGitHubAPIを叩いてみた

二要素認証でもAPIが使えるか試してみた。

GitHubで二要素認証してみた

二要素認証の設定とログインに成功した。前回のWinAuthを使って。スマホも電話番号も不要でできた。

WinAuthで二要素認証のワンタイムパスワードを生成させてみた

PCだけで二要素認証に使う6桁のソフトウェアトークン?ワンタイムパスワード?が生成できた。スマホも電話番号も不要。

GitHubの二要素認証をやってみたができなかったログ

これでセキュリティUP!と思ったのだが、スマホもってないと門前払いだった…。 どうやらスマホ用認証アプリ&電話番号が必須っぽい。仕組みがよくわからない。

GitHubAPIリポジトリ一覧を取得するバッチを作った

まだjsonファイル状態。いずれhtml化したい。

MinGWとGTKの環境変数を変更した

MinGW,GTKにおける環境変数を変更したメモ。

g++のコンパイル時間とファイルサイズ

コンパイル時間とファイルサイズ 前回の続き。コンパイルオプションによって、コンパイル時間とファイルサイズが変化することを確認した。

g++で実行時のライブラリ参照パスが設定できなかった

前回の続き。実行時のライブラリ参照パスが設定できなかったログ。

qでtsvファイルからデータを取得してみる

GitHubアカウントをtsvに保存して取得してみる。

qコマンドを使ってみる

qコマンドを使ってみる コンソールからtsvファイルのデータを抜き出してみた。

batで標準出力の値を変数に入れる方法

表題の件について調べた。

GitHubAPIの認証について調べた

3つの方法がある。

Hubコマンドで複数アカウントを使い分けたい

前回のつづき Hubコマンドで複数アカウントしてみた。

Hubコマンドを使ってみた

Hubコマンドというものを見つけたので試してみた。

正規表現を使ってディレクトリ名をバリデートしてみた

前回のつづき。リポジトリ名のエラーチェックをしてみた。

GitHubアップロード自動化バッチと課題

自動化バッチの合体とその課題。

GitHubのリモートリポジトリをバッチファイルで作成したい

バッチファイルをダブルクリックすると、リモートリポジトリを作成する。

GitHubのリモートリポジトリをコンソールから作成したい

いちいちサイトから作成するのが面倒。楽できないか模索してみた。

環境変数のエクスポートとインポート(regedit編)

前回、環境変数の操作方法について確認した。今回はWindowsのregedit.exeを使ってバックアップする方法を確認した。