やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

C#

debファイルからMonoDevelopをインストールしようとするも断られる

万策尽きた。

「ソフトウェアの管理」でMonoDevelopを導入しようとするもapt-getに丸投げされる

ほかのツールからインストールできないかと思ったが…。

aptitudeでMonoDevelopを再インストール…できなかった

もう修復の手はない。

Mono関係のソフトをさがして削除してみる

回復せず。

aptitudeでMonoDevelopの依存関係を解消…できなかった

最後の希望が潰えた。

MonoDevelopがパッケージ破損した(インストールできず削除もできない)ので復元したログ

「変更を適用することができませんでした!まず破損パッケージを修復してください。」と怒られた。

LinuxMint17.3にNUnitをインストールする

Synapticで。

LinuxMint17.3にNuGetをインストールしたがMonoDevelopが削除された…

これはひどい。

C#で音名からピッチクラスを取得する

半音数ではなくピッチクラス。0〜11を超えても0〜11に循環させる。

C#で音程から半音数を取得する

P1,m3などの音程。

C#で音度からピッチクラスを取得する(異なる変化記号を用いると例外発生)

foreachで文字チェックした。

C#で音度からピッチクラスを取得する(複音程に対応した)。

正確には「第一音からの半音数」を取得する。取得値をvとしたとき、(v % 12)とすればピッチクラスを取得できる。

C#で変化記号を定義し、音度からピッチクラスを取得する(複音程に未対応)。

#1, b2, #3 , ♭4, +5, -6, などの音度表現に対応。ただし単音程(1〜7)まで。

C#で音度からピッチクラスを取得する(変化記号に未対応)。

Pythonからの移植を試み始める。

MonoDevelopのデザイナでボタン配置…できなかった

C#

部品が少ない。バージョンが古すぎるのかもしれない。

MonoDevelopのプロジェクト生成パスを設定する

C#

デフォルト値設定。

MonoDevelopでGTK#2.0プロジェクト作成

C#

コードを1行も書くことなくWindowを出せた。

MonoDevelopでHelloWorld

C#

1行もコードを書くことなく。

LinuxMint17.3にNuGetをインストールしたが使えなかった

C#

Pythonでいうpipみたいなやつ。

LinuxMint17.3にMonoDevelopをインストールした

C#を書きたくて。

LinuxMint17.3にMONOをインストールした

C#を書きたくて。

C#で日時文字列を出力するコンソールアプリを作った

C#で日時文字列を標準出力するコンソールアプリを作った。

WPFでEventによるUI連動してみた

色空間のHSVとRGBをスライダーで編集して表示するアプリを作った。

Bindingで無限ループになってしまう

RGBとHSVの値を相互に変換してUIに表示するべく奮闘した。 散々調べたり試した結果、Bindingだと無限ループになってしまう。

WPFでBindingしてみた

前回、Formのイベント駆動におけるUI連動が煩雑だった。 そこで、WPFでBindingしてみた。 コードがすっきりしていい感じになった。

HSVとRGBで色を編集できるようにしてみた

HSVとRGBの両方で色を編集できるようにしてみた。

HSV変換クラスを作ってみた

HSV変換クラスライブラリを作ってみた。 HSVとRGB(System.Drawing.Color)を相互変換できる。

DataBindingで連動してみた

DataBindingにてNumericUpDownとTrackBarを連動させてみた。

小さい画面でも色を表示したい

前回の色編集アプリを改修しました。 色を表示する面積を増やしました。

ウインドウサイズ変更に伴う適切なUI配置がしたい

色編集アプリを改修しました。 ウインドウサイズ変更に伴い、適切にUIが配置されるようにしました。