やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

Webサイトを丸ごとダウンロードしたいときはwgetコマンドを使う

忘れぬようメモ。

Python学習用サイトについて考えてみる

Python学習したことを記録するサイトを作りたい。

Pythonの環境構築について調べてpyenvで3.6.1をインストールした

Pythonについて学習する前にPythonの環境構築したい。

Python学習計画について

そろそろ少しはPythonを勉強しようか。

今私がPythonでやりたいことをするために何をすべきか考えてみた

プログラマが知るべき97のことの第1項、分別のある行動を読んで考えてみた。

「分別のある行動」を読んでみた感想

プログラマが知るべき97のことの第1項、分別のある行動を読んでみた感想。

Json2Sqlite.pyの単体テストをした

Github.Uploader.Json2Sqlite.unittest.201704230804

「プログラマが知るべき97のこと」を読んで勉強してみる

勉強になりそうなサイトを見つけた。感謝。

SshKeyGen.pyの単体テストをした

Github.Uploader.SshKeyGen.unittest.201704221809

SshConfigurator.pyの単体テストをした

今更ようやく。

GitHubアップローダの未解決課題

とりあえずメモ。まとまっていない。自分でも意味不明になりそう。

GitHubアップローダで行うssh-keygen, sshコマンド操作をクラスにまとめた

ユーザ登録のInserter, Updater, Deleterから分離して共通化した。

GitHubアップローダにloggerを導入してみた

今まではprintだけで出力していたが、loggerでログレベルを指定して出力するように変えた。

Pythonにおけるロギングについて調べてみた

ログを使ってみる。

GitHubアップローダのDatabaseとClientにある各メンバ変数をプロパティで参照するようにした

publicメンバ変数をprivateにして。

ワンタイムパスワードをクリップボードに出力するPythonスクリプトを書いた

使い方はGitHub参照。

GitHubアップローダの認証処理を抽象化した

認証処理を抽象化したコードをGitHubアップローダに結合した。

cajaが再描画しなくなるバグ

大したことはないが、日々小さな不満が募っていく。

認証クラス配列を生成するクラスを作った。

DBとユーザ名から、各認証クラスのうち作れるものを作って配列で返す。

APIごとに認証方法を使い分けるRequestParameterクラスを作った

ユーザ名からTokenを取得する。登録済みのAccountDBから。

認証クラスのうちDBからTokenを取得するものを作った

ユーザ名からTokenを取得する。登録済みのAccountDBから。

GitHubの認証方法ごとにrequestsの引数を生成するコードを抽象化した

requestsライブラリの引数headers, authを認証毎に生成する。

認証について調べてみた

Webサービスを使うときに必須の「認証」について調べてみた。

pyotpでGitHubアカウントの2FAを有効化しログインできた

ついに2FA自動化のメドが立った。

GitHubの認証方法ごとに抽象クラスを作りOTP生成した

ライブラリでOTP機能を追加。propertyの記法を変えた。

GitHubの認証方法ごとに抽象クラスを作った

認証毎にHTTPリクエスト引数を生成するところを抽象化する。

GitHubアップローダの抽象化について考えてみた

コードを共通化するために。

GitHubUserRegister.pyのサブコマンドクラスを抽象クラス化した

あまり有意義な抽象化ではなかった。Pythonでの抽象クラスを勉強するため。

各classのメンバ変数で不要なpublic変数をprivateにした

Pythonは根本的にカプセル化できないが、一応。

GitHubアップローダでやりたいこと

こんなことができたらいいな。