読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

はてなブログを書くのに時間がかかってしまう

はてなブログを書くのに時間がかかってしまう。 その分、コードを書く時間にあてたい。 この問題について考えてみた。

環境

問題

現在、はてなブログで記事を書いている。 しかし、以下のような問題がある。

  • 時間がかかる
  • ミスが起こりやすい

時間がかかる

現在、はてなブログMarkdownで記事を書いている。 しかし、以下の問題により作業に時間がとられてしまう。

  • ブラウザが重い
  • はてなブログのサイト自体が重い
  • プレビューのたびに通信せねばならず遅い

大筋はプレビューせずに書いているが、プレビュー&修正はかなりの回数やる。 はてなブログにアクセスせずにできれば高速化するかもしれない。

ダメな対策

Markdownビューアで確認する対策はダメ。

  • WindowsXPで動作するものが限られている
  • 条件にあうアプリをさがすの面倒くさいし存在しているかも怪しい
  • はてなブログMarkdownエンジンと一致しているかわからない
  • はてなブログCSSと連動できるのかわからない
  • CSSをダウンロードして設定できるとしても、変更するたびに手動でダウンロードしなおす必要があるなどであれば面倒
  • はてなブログ以外にしたらまた最初からやりなおしになるかもしれない。ブログがかわっても同じ環境で作業したい

方針

すべての作業をローカルでできるようにしたい。 テキストエディタMarkdownを書いて、HTML化し、表示を確認し、アップロードしたい。

ミスが起こりやすい

記事の編集ミスが生じやすい。

記事を編集するとき、テキストエディタはてな編集画面を行き来するのだが、コピペが面倒くさい。 いつの間にか無意識にはてな編集画面で修正しているときがある。 でも、テキストエディタのほうが楽に編集できるときもあるので、そちらで修正するときもある。 いつの間にか両方で修正をしていて、整合性がとれなくなることがある。 そして、修正部分が消失してしまう。

ダメな対策

我慢してはてな編集だけで修正するということでは解決しない。

画面が小さすぎて見る気になれない。 むしろ、ブログを書くのが嫌になってアウトプットするという目標を放棄しかねない。

我慢してテキストエディタだけで修正するということでは解決しない。 ちょっとした編集ならはてな編集のほうが楽。 どちらにしても、忘れてしまって無意識にやってしまう可能性は否定できない。

注意し、気をつけて、そうしないようにするということでも解決しない。

人間はミスをするものである。 ただでさえ遅くて画面が小さくてエディタ間のコピペ面倒などというストレス下にある以上、なおさら注意する余裕などなくなる。 注意散漫さを責めたところで、常時完全無欠な人間などいない。 頻度の多さも比較するものとの相対関係でしかない。 問題は現にミスが起こっているという事実である。人でも頻度でもない。

「我慢する」「注意する」「気をつける」ことは問題への対処を放棄していることと同じである。

方針

人間は理性だけで動いているわけではない。意識だけで動いているわけではない。精神論だけでは解決できない。 人間は楽をしようとするものである。 人間はミスをするものである。 人間の動作原理を把握して、ミスが混入しうる工程を修正することが改善につながる。

人が楽をする=人の手が入るのを最小限にする=人的ミスの低減

いかにして楽をするのかを模索すべし。 楽をするためならば、どんな苦労も厭わない精神をもつべし。 その矛盾も飲み込むべし。

不具合は人間が作り込むものである。 それが定型処理ならば、人の混入を排除すべし(怖い)。

具体的な対策

次回以降。

さんざん言っておきながら。