読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

環境変数のエクスポートとインポート(外部ツール編)

以前、環境変数の操作方法について確認した。 今回はRapidEEやRapidEEを使ってバックアップする方法を確認した。

RapidEE

以前みつけた環境変数エディタRapidEEなら環境変数をバックアップできる。

1
2

でも、インポートがない。

RegAlyzer

レジストリエディタRegAlyzerがシンプルで使いやすそう。

RegAlyzer Portableという名前なのにインストーラが起動した。 本当にポータブルなのか?レジストリに登録されたのでは?怪しい。

インストール

  1. RegAlyzerPortable.exeを実行してインストールする 1
    2
    3
    4
    5
    6

なんで日本語でインストールしているのに、日本語で表示されないんだ?日本語パッチが必要なんだ? よく見ると"インストーラ"の言語を選択しろという意味だった。見た目詐欺。 Please select a language for the installer.

ふつうこういうUIならインストーラでなくアプリ自体の日本語化を期待する。 だれがインストーラだけ日本語表示を望むのか。 もちろんインストーラだけでも多言語対応なら親切だと思うが、そもそもポータブルならインストーラ不要のはず。

  • Portable→要インストール
  • 日本語→インストーラだけ。第三者が作ったパッチが必要

日本語化パッチ

こちらからダウンロード。 しかし、所在がわからずに検索ボックスで"RegAlyzer"と入力してみつけた

また、Languagesディレクトリがわからず、自分で勝手にRegAlyzerPortable配下に作ったが動作しなかった。 探してみたら、RegAlyzerPortable\App\RegAlyzer\Languagesにあった。

  1. RegAlyzer_v.1.6.2.16jp.zipを解凍してJapanese.ralをコピーする
  2. RegAlyzerPortable\App\RegAlyzer\LanguagesJapanese.ralをペーストする
  3. RegAlyzer.exeを起動する
    3
  4. メニューからlanguagesJapaneseを選択する
    4
  5. 日本語化されたことを確認する
    5

アドレスバー

1
2

アドレスバーに環境変数のパスをコピペしてEnterキーを押下すると移動した。

これがやりたかった。

import/export

1

インポートとエクスポートもメニューにある。

バックアップと復元

  1. RapidEEで編集する
  2. RapidEEでバックアップする(.reg)
  3. RegAlyzerでインポートする

この手順で、環境変数をインポート/エクスポートできる。 壊れてもバックアップから復元できる。

RapidEEだけでできたら理想なんだけど。 レジストリは意識したくない。

あとは環境変数が変化するたびに自動保存(リビジョン管理)し、昔の状態にロールバックできたら最高。

所感

これで環境変数はすっきり安心。

最近コードを書けておらずイライラしているせいか、ツールに八つ当たりしている。 禁断症状か。はやくGTKやりたい。