読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

Makefileでdebugとreleaseを切り替える

Makefileをいじることでdebugとreleaseを切り替えてみた。

window messagebox

入手先

GitHub MEGA

開発環境

ライブラリ

環境変数のPathに各DLLがあるディレクトリパスを追記することでexeを実行できる。

前回まで

  1. MinGWでコンパイルできる環境が整った。
  2. さらにGTKmm3ライブラリも揃った。
  3. HelloWorldまでやった。

Makefileコンパイルする方法を以下のとおりに調べる。

実施 パターン
単体コード
複数コード
略記
サブディレクト
Release/Debug切替

ソースコード

なんと、C++コードよりMakefileのほうが多くなっている。 こんな馬鹿馬鹿しい自体は避けたいもの。

CodeSize

切替

Makefileの以下の部分のうち、一方だけをコメントアウトして切り替える。

buildtype := release
#buildtype := debug

本当はコンソールでmake releaseなどとして切り替えたかった。 残念ながら、どうやればいいかわからず断念。

オプション

ifeq ($(buildtype),release)
    CompileOption += -s -O3
else ifeq ($(buildtype),debug)
    CompileOption += -O0 -g

debugとreleaseではコンパイルオプションを変えている。

所感

残念なことが増えた。

  • サブディレクトリを用いて以来、make cleanができない
  • make release, make debugのやり方がわからない

しかし、最低限のことはできるようになった。 Makefileはこれにて一段落したことにする。