読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

GitHubAPIクライアントのインタフェースを仮実装した

プログラミング

PythonでGitHubAPIクライアント実装するときの雛形を仮に作ってみた。

成果物

GitHubGitHubApi.Interface

使い方はGitHubリポジトリ参照。

呼出側コード

from github import GitHub

username = "github_username"
db_path_account = "C:/GitHub.Accounts.sqlite3"
db_path_api = "C:/GitHub.Apis.sqlite3"

g = GitHub.GitHub(db_path_account, db_path_api, username)
g.repo.create('repository_name', description='this is repository description.', homepage='http://homepage.com')
  1. DBファイルパスとユーザ名を渡す
  2. API実行メソッドを呼び出す

所感

パスを渡すところがウザいが仕方ない。今後C:/GitHub.Repositories.sqlite3も増える予定。

今回はリポジトリ生成APIのみ実装した。他のAPIも順次追加したい。が、その前にPagenation処理について試したい。