読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

プログラミング

d3.jsで作成したテーブルのソートキー項目に▲▼マークをつける

前回のつづき。

d3.jsで作成したテーブルをソートする

前回のつづき。昇順だけでなく降順と入れ替える。クリックするたびに。

d3.jsで作成したテーブルを昇順ソートする

前回のつづき。ヘッダをクリックするとその列をキーにして昇順ソートする。

d3.jsでobject配列からテーブルを作成する2

前回のつづき。前回のつづき。ふつうの縦長テーブルを作る。

d3.jsでobject配列からテーブルを作成する

前回のつづき。横に伸びるテーブル。

d3.jsでobjectからテーブルを作成する

keyとvalueの2列テーブル。

d3.jsでobjectを扱う

objectを配列にすることで。

d3.jsで2次元配列からテーブルを作成する

2次元配列を使って。

D3.jsでリストを並び替えてみた

clickイベントで。

jsFiddleで外部ライブラリを参照するときの罠

前回気づいた。httpsがらみのエラーが出る。

D3.jsについて調べてみた

前回のつづき。

jsonld-visでグラフを描画したかったが失敗した

JSON-LDデータを可視化できるかと思ったが、できなかった。

sigma.jsでグラフを可視化してみた

JavaScriptライブラリsigma.jsを使って。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(@id編)

前回のつづき。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(FileReader API編)

前回のつづき。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(linkタグ編)

JSON-LDを外部から読みたい。

CSSにてSVG拡大アニメーションしてみた

前回のつづき。アイコンにマウスオーバーすると拡大する。

JSON-LDでプログラミング言語をアイコン画像で表示する

前回のつづき。

JSON-LDでプログラミング言語リストを作成する

schema.orgのComputerLanguageを使う。

JSON-LDでHTML要素を作る

やりたいことに近づいてきた。

JSON-LDを読み込む

JavaScriptで読込できればどうにでも料理できるはず。

GitHubリポジトリ一覧ページv2

以前javascriptで作成したものを修正した。

「999.99 KiB」のような形式でファイルサイズを取得する

Byte数から"999.99 KiB"のような形式で取得するPythonスクリプトを書いた。

GitHubリポジトリを作成してローカルDBに登録するPythonスクリプトv1

ローカルとリモートにリポジトリ作成、add, commit, pushする。実行後に集計を表示するオマケ付き。

PythonでINIとDBを読み取る

前回のつづき。データ取得の実装。

GitHubリポジトリを作成してローカルDBに登録するPythonスクリプト(仮)

PythonでGitHubへアップするためのCUI対話ツールを作りたい。まずは標準入出力を仮作成した。

GitHubリポジトリを作成してローカルDBに登録するシェルスクリプト(仮)

いろいろと雑。仮ということで。

Shellで別ファイルの関数に引数を渡し戻り値を得る方法

これを抑えておけば最低限のコード分離はできそう。

別ファイルのShellを呼出する方法

別ファイルに分けて書きたいので調べた。

Shellで関数の定義や呼出の順序について確認した

Shellを書くための基礎。

Webコンパイラを調べてみた

Webで利用できるコンパイラまとめ。

Pythonでコマンドを実行する

git initなどのコマンドをPythonで実行したくて調べた。

GitHubリモートリポジトリ作成とローカルDB登録

Pythonで表題の件を行うスクリプトを作った。

PythonでINIファイル読込

PythonでWindowsのINIっぽい形式のファイルを読み込む方法を調べた。

GitHubリポジトリの言語情報を取得する

以前にも実装した言語情報の取得と集計をインタフェースに追加した。

Pythonでデコレータの実装を試してみた

Pythonにおけるデコレータの実装について試してみた。

GitHubリポジトリ情報を取得しローカルDBへマージする

ローカルとの差分だけを取得するべく、できるだけ少ない回数でリクエストする。

GitHubAPIのPagenationを仮実装した

リポジトリ取得など複数ページに渡る結果を複数回リクエストし、json結果を結合して返す。

GitHubAPIクライアントのインタフェースを仮実装した

PythonでGitHubAPIクライアント実装するときの雛形を仮に作ってみた。

GitHubのAPI情報データベースを作成する

SQLite3データベースファイルGitHub.Apis.sqlite3を作成する。

リポジトリの言語を取得する

GitHubリポジトリのプログラミング言語とソースコードのByte数を取得し、DBへ挿入する。

Pythonでタイムゾーンを扱う

pytzライブラリをインストールする。

リポジトリ情報をDBに挿入する

GitHubリポジトリ情報をDBに挿入する。

リポジトリDBを作成する

GitHubリモートリポジトリ用のデータベースを作成する。気にしたことを書きなぐる。

GitHubリポジトリを新規生成する

PythonでAPIを叩いてGitHubリポジトリを新規生成する。

GitHubAPIでAccessTokenを新規生成する

GitHubAPIでAccessTokenを新規生成し、SQLiteのDBに挿入する。

TwoFactor認証でAccessToken取得APIを叩く

GitHubのTwoFactor認証アカウントからAccessTokenを取得するPythonスクリプトを書いた。

GitHubアカウントDBを修正した

前回のDBを修正した。

GitHubアカウントDBを作成した

GitHubアカウントDBを作成した。

ラズパイのCPU温度をFusionTablesに記録する

ついにできた。