やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

Pythonスクリプトのシンボリックリンクを作ってPATHを通す

コマンド短縮シリーズ。

Pythonの実行を簡単にする方法について調べてみた

まとめてAPI用DBも作る

マスターDB一括作成シリーズ。

まとめて自分リポジトリDBも作る

マスターDB一括作成シリーズ。

自分リポジトリDBを作るツール

DB一括作成の前に、複雑な自分リポジトリ用DBを最低限整理する。

GitHubアカウントDBを作るツール

マスターDB一括作成シリーズ。

まとめて他者リポジトリDBも作る

マスターDB一括作成シリーズ。

他者リポジトリのライセンスを取得しDBへ挿入する(ファイル読取版)

ファイルに書き込まれたGitHubリポジトリのURLからライセンス情報を取得してDBに登録する。

まとめて言語DBも作るのリファクタリング

マスターDB一括作成シリーズ。

まとめて言語DBも作る

マスターDB一括作成シリーズ。

まとめてGNUライセンスDBも作る

マスターDB一括作成シリーズ。

Pythonのreadline()は改行コードも含まれてしまう

Pythonで1行ずつ処理したいときに不便。

SQLite3でTSVをインポートするときにパスを渡せない問題

外部から呼び出すときにファイル参照できなくなる。

ライセンスDBを一括作成する2

ちょっとだけリファクタリングした。

ライセンスDBを一括作成する

各リポジトリに散らかっていたライセンスDBを一括作成する。

GitHubのライセンスDBにGNUライセンスDBとの紐付けテーブルを追加する。

ライセンスDBの関連付。

LicenseマスターDBにレコードを挿入する4

キー名をリストしたファイルから作る。

GitHubAPIライセンスで有効なキー名を推測してみる

あてずっぽう。もっとスマートな方法はないものか。

GNUのライセンスDB(複数言語版)にデータを挿入する

いくつかの言語はできなかった。

GNUのライセンスDBを作る(複数言語版)

ついでだから。

WebスクレイピングでGNUサイトからライセンス情報を抽出してDBに挿入する

GitHubのライセンスマスターDBを作るために。

GNUのライセンスDBを作る

GitHubのライセンスマスターDBを作るために。

GitHubアップローダにライセンス更新機能を追加した

前回できなかったライセンス更新ができるようになった。

GitHubアップローダにライセンス取得機能を追加した

push後にライセンス情報を取得する。

LicenseマスターDBにレコードを挿入する3

ライセンスのキー名をCUIで入力しマスターDBに挿入する。

GitHubのコンピュータ言語DBにデータを挿入する

前回のつづき。

GitHubのコンピュータ言語DBを作成する

プログラミング言語ごとの色とか。

他者リポジトリのライセンス情報を挿入する

CUIからGitHubリポジトリのURLを入力することで。

リポジトリのライセンス情報を挿入する

自分リポジトリのライセンスを一括取得。

LicenseマスターDBにレコードを挿入する2

前回のつづき。念の為ページネーションされないか調べてみたが、無かった。