読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

PythonでINIとDBを読み取る

前回のつづき。データ取得の実装。

GitHubリポジトリを作成してローカルDBに登録するPythonスクリプト(仮)

PythonでGitHubへアップするためのCUI対話ツールを作りたい。まずは標準入出力を仮作成した。

GitHubリポジトリを作成してローカルDBに登録するシェルスクリプト(仮)

いろいろと雑。仮ということで。

Shellで別ファイルの関数に引数を渡し戻り値を得る方法

これを抑えておけば最低限のコード分離はできそう。

別ファイルのShellを呼出する方法

別ファイルに分けて書きたいので調べた。

Shellで関数の定義や呼出の順序について確認した

Shellを書くための基礎。

Webコンパイラを調べてみた

Webで利用できるコンパイラまとめ。

Pythonでコマンドを実行する

git initなどのコマンドをPythonで実行したくて調べた。

GitHubリモートリポジトリ作成とローカルDB登録

Pythonで表題の件を行うスクリプトを作った。

PythonでINIファイル読込

PythonでWindowsのINIっぽい形式のファイルを読み込む方法を調べた。

GitHubリポジトリ操作のインタフェースを考えてみた

前回のつづき。実行時の操作方法。

GitHubリポジトリ操作のユースケースを考えてみた

前回のつづき。新規作成、commit、pushをひとつのコマンドにまとめたときのフロー。

GitHubリポジトリ作成で行う操作まとめ

自動化の実装をする前にまとめてみた。

BlueStacksをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Windroyをインストールできなかった

前回の続き。WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

Noxをインストールできなかった

WindowsXPでAndroidアプリを使いたいシリーズ。

GitHubリポジトリの言語情報を取得する

以前にも実装した言語情報の取得と集計をインタフェースに追加した。

Pythonでデコレータの実装を試してみた

Pythonにおけるデコレータの実装について試してみた。

オブジェクト指向について調べてみた

オブジェクト指向について簡単に調べてみたが、難しすぎて理解できなかった。

GitHubリポジトリ情報を取得しローカルDBへマージする

ローカルとの差分だけを取得するべく、できるだけ少ない回数でリクエストする。

GitHubAPIのPagenationを仮実装した

リポジトリ取得など複数ページに渡る結果を複数回リクエストし、json結果を結合して返す。

GitHubAPIクライアントのインタフェースを仮実装した

PythonでGitHubAPIクライアント実装するときの雛形を仮に作ってみた。

GitHubのAPI情報データベースを作成する

SQLite3データベースファイルGitHub.Apis.sqlite3を作成する。

GitHubAPIのリクエスト部分を実装する方法について考える

前回からの続き。

Pythonではpartialなclassを定義できない?

前回の続き。C#のpartialclassをPythonでできないか調べた。できないっぽい。

GitHubAPI認証の実装について考える2

前回の続き。これまでの実装について見てみる。

GitHubAPI認証の実装について考える1

1セキュリティやGitHubAPIに詳しくないので間違っているかもしれない。

リポジトリの言語を取得する

GitHubリポジトリのプログラミング言語とソースコードのByte数を取得し、DBへ挿入する。

Pythonでタイムゾーンを扱う

pytzライブラリをインストールする。

GitHubリポジトリ情報にTimezoneが付与されていなかった問題

TimeZoneをAsia/Tokyoに指定しているにも関わらず。

リポジトリ情報をDBに挿入する

GitHubリポジトリ情報をDBに挿入する。

リポジトリDBを作成する

GitHubリモートリポジトリ用のデータベースを作成する。気にしたことを書きなぐる。

GitHubリポジトリを新規生成する

PythonでAPIを叩いてGitHubリポジトリを新規生成する。

GitHubAPIでAccessTokenを新規生成する

GitHubAPIでAccessTokenを新規生成し、SQLiteのDBに挿入する。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査3

OTPについて調べたがWinAuthの代わりは見つけられず。じつは前回までのライブラリ調査コードは、今回の検討をしたからGoogleサーバから時刻を取得したのだった。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査2

前々回のつづき。GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

ORマッパーライブラリの調査

PythonでSQLite3が使えるO/Rマッパライブラリを調査した。

ワンタイムパスワード生成ライブラリの調査1

GitHubの二要素認証で使うワンタイムパスワードを生成するPythonライブラリを探す。

TwoFactor認証でAccessToken取得APIを叩く

GitHubのTwoFactor認証アカウントからAccessTokenを取得するPythonスクリプトを書いた。

GitHubアカウントDBを修正した

前回のDBを修正した。

GitHubアカウントDBを作成した

GitHubアカウントDBを作成した。

GitHubアカウントDBの正規化について考える

リレーショナルDBにおけるGitHubアカウント情報の正規化について考えたログ。

GitHubAPIツールを改良したい

これまで作ったGitHubAPIツールを改良したい。

Zorinをインストールしてみた

前回にひきつづき、LinuxのディストリビューションであるZorinをインストールしてみた。

LinuxMintをインストールしてみた

LinuxMintをインストールしてみた。

ラズパイのCPU温度をFusionTablesに記録する

ついにできた。

SQLite3でGoogleアカウント管理DBを作成した

Google OAuth2.0関係のキーを一元管理すべくDBを作成した。

PythonでFusionTablesにInsertする

前回のつづき。

RefreshTokenからAccessTokenを取得する

前々回コードのPython3版コード。

GoogleのRefreshTokenを取得するコード(python3版)

前回コードのpython3版コード。