読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

ついにrbenvでRubyインストールできた

前回なんてなかった。

rbenvでRuby2.4.0をインストールしたがrbenvごとアンインストールされてしまった

前回のつづき。最悪の悲劇が起こった。

gitからruby-buildをインストールし直す

前回のつづき。

ruby-buildの更新ができなかった

あと少し!と思ったら振り出しに戻ったでござる。

rbenvでRuby2.4.0をインストールできなかった

前回のつづき。

ruby-buildをインストールする

前回のつづき。rbenv最後の準備。

rbenvに必要なディレクトリを用意した

前回のつづき。

突然はてなブログが英語になった

原因不明なので調べてみた。

LinuxMintにRuby2.xをインストールするためにrbenvをインストールした

前回のつづき。表題からしてまどろっこしいことになってきた。

zlibをインストールする

前回のつづき。

libxml2-devel、libxslt-develというパッケージが見つからない

前回のつづき。

Linuxインストール済みパッケージ一覧

前回のつづき。

ERROR: Failed to build gem native extension.

前回のつづき。はてなAPI用gemがインストールできないエラーについて調べた。

キャッシュを削除してgemを復旧する

じつは前回、環境構築中に事故があった。

はてなAPIに必要なキーを取得する

認証するために。

はてなブログAPIの仕様について調べる

大変そう。

はてなブログAPIで予約投稿したい

はてなブログAPIで予約投稿したい。

JavaScriptのローカル実行とPlayground実行の違い

前回までのまとめ。

JavaScriptの外部ライブラリをURL参照するときはCDNでバージョン指定すべし

前回のつづき。バグの原因になりうる。

JavaScriptをPlaygroundで実行するときはタグやコードを一部省略した形で実装する必要がある

前回のつづき。ローカルと違う点のひとつ。

JavaScriptをローカルで実行するときにはwindow.onloadが必要

忘れると正常に動作しない。

d3.jsで作成したテーブルのソートキー項目に▲▼マークをつける

前回のつづき。

d3.jsで作成したテーブルをソートする

前回のつづき。昇順だけでなく降順と入れ替える。クリックするたびに。

こんなテーブル作れたらいいな

d3.jsの基礎学習方針としてテーブル作成に注目した。

d3.jsで作成したテーブルを昇順ソートする

前回のつづき。ヘッダをクリックするとその列をキーにして昇順ソートする。

d3.jsでobject配列からテーブルを作成する2

前回のつづき。前回のつづき。ふつうの縦長テーブルを作る。

d3.jsでobject配列からテーブルを作成する

前回のつづき。横に伸びるテーブル。

d3.jsでobjectからテーブルを作成する

keyとvalueの2列テーブル。

d3.jsでobjectを扱う

objectを配列にすることで。

d3.jsで2次元配列からテーブルを作成する

2次元配列を使って。

Gravatarの「アカウントがなくても始められます」という嘘

文句シリーズ。すべて私個人の主観である。

D3.jsでリストを並び替えてみた

clickイベントで。

jsFiddleで外部ライブラリを参照するときの罠

前回気づいた。httpsがらみのエラーが出る。

D3.jsについて調べてみた

前回のつづき。

jsonld-visでグラフを描画したかったが失敗した

JSON-LDデータを可視化できるかと思ったが、できなかった。

sigma.jsでグラフを可視化してみた

JavaScriptライブラリsigma.jsを使って。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが憂鬱(JSONP編)

前回のつづき。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(@id編)

前回のつづき。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(FileReader API編)

前回のつづき。

JSON-LDを外部ファイル化して読み込みたいが失敗(linkタグ編)

JSON-LDを外部から読みたい。

CSSにてSVG拡大アニメーションしてみた

前回のつづき。アイコンにマウスオーバーすると拡大する。

HTMLでアニメーションする方法を調べてみた

前回のつづき。

JSON-LDでプログラミング言語をアイコン画像で表示する

前回のつづき。

プログラミング言語アイコンを探してみた

前回のつづき。

JSON-LDでプログラミング言語リストを作成する

schema.orgのComputerLanguageを使う。

JSON-LDでHTML要素を作る

やりたいことに近づいてきた。

JSON-LDを読み込む

JavaScriptで読込できればどうにでも料理できるはず。

JSON-LDで何ができるか

前回のつづき。そもそも使う価値があるのか調べてみた。

JSON-LDとは何か

いまさらだが調べてみた。

schema.orgのSoftwareSourceCodeを書いてみた

前回のつづき。記事にメタデータを付与する。