やってみる

アウトプットすべく己を導くためのブログ。その試行錯誤すらたれ流す。

Pelicanのプラグインasciidoc_readerがPython2のみ対応で使えなかった

静的サイトジェネレータPelicanでAsciiDocを使いたかったが…。

Pelicanのプラグインをインストールする

静的サイトジェネレータPelicanでAsciiDocを使いたい。

pelican-quickstartでブログのひな形をつくってみる

静的サイトジェネレータPelicanを使ってみる。

pipでMarkdownとghp-importをインストールした

静的サイトジェネレータPelicanでMarkdownを使い、GitHubPagesへアップロードするために。

pyenvで入れたPython3.6.1のvenvを使ってPelicanをインストールした

Pythonの仮想環境を作って静的サイトジェネレータPelicanをインストールした。

Pythonのvenvで仮想環境を用意する

特定パッケージをインストールした環境として分離するために。

Python文書から学習項目を抜き出すためにどうすればいいか

とりあえず考えてみる。

GitHubPagesでindex.htmlを表示する

静的サイトをつくるために調査。

GitHubアップローダの未解決課題2

何ができて、何ができていないのか。

GitHubアップローダ一部動作確認済みを外部呼出できるようにした

使うために。

GitHubアップローダのアカウント登録のinsertで一部パターンを動作確認して修正した

とりあえず今回動作確認したケースではユーザ登録できるはず。

blockdiagは1ブロックから2方向の矢印を出せない

書きたいダイアグラムが書けなかった。

作図ツールblockdiagをインストールする

ダイアグラムをサクっと書きたい。

パッケージ管理ツールまとめ

インストール作業肥大化問題を解決するため情報収集。パッケージ管理ツールを列挙し、その文脈についてまとめた。

GitHubアップローダに単体テスト後コードをマージした

ついに単体テストしたコードを結合。

./web/service/github/api/v3/Response.pyの単体テストをした

ContentType関係のクラス一式を./web/http/配下に結合してテストした。

RequestParameter.pyの単体テストをした

単体では動作させられないため実際は結合テスト。

GitHubアップローダ単体テスト用リポジトリ中間まとめ

これまでの単体テストリポジトリをまとめる。

AuthenticationsCreator.pyの単体テストをした

AuthenticationsCreator.pyの単体テストをした。単体では動作させられないため実際は結合テストだが。

インストール作業肥大化問題

ソフトウェア規模の増大に比例してインストール作業も肥大化してしまう。

ContentTypeクラスとその詳細をクラス化し単体テストした

./web/http/Response.pyを分解して複数クラス化。前回までと今回で./web/http/Response.pyをごっそり作り替えた上で単体テストした。

web.http.Response.pyの内部クラスをprivateに作り替えた

インスタンスの参照にはプロパティを使う。

Python: クラス名とプロパティ名を同じにしたいときの回避案

同一名にすると期待する参照ができない。名前の重複を回避するしかない。

型とクラス、オブジェクトとインスタンスの違い

よくわからないので調べてみた。

デバッグだけではコスト最小化されない

単体テストを行うとコスト最小化できることに疑問を投げかけたが、真であることが補強された。

単体テストを行うとコスト最小化できる

表題の件は修正コスト最小化するためにどうすればいいかの答えの1つと思われる。その証明を試みる。

何が負債になっているのか

修正コスト最小化するためにどうすればいいかの答えを出す前に、何が負債になっているのかを明らかにする必要がある。

修正コスト最小化するためにどうすればいいか

今の私における状況下で、私なりに考えてみた。

./web/http/Response.pyの単体テストをした

GitHubアップローダの一部。

Log.pyの単体テストをした

GitHubアップローダの一部。